お腹を計る人

肥満は普通の動物と比べた場合に体重が多い状態のことを指す言葉です。
人間だけではなく、犬や猫などあらゆる動物に当てはまります。
肥満は健康面により様々な害を与える可能性が高くなることから、ダイエットをすることで体重を適切な状態へと戻したり肥満治療をすることで医学的に肥満を解消したりなどをします。

肥満の手前でまだ肥満治療をしなくてもよいという人の場合はまずむくみを取るところから始めるのが良いでしょう。
女性は特に冷え性という人も多いのでむくみやすく太りやすい為、そのような時は医薬品のフロセミドでむくみを取るのもおすすめです。
まだ肥満初期段階のうちに試してみる価値はあると思います。

肥満においての治療は、単に肥満症を治すということではなく肥満に結びついた様々な合併症を一緒に治していくことを医学においては目的としています。
健康を阻害する様々な病気と肥満症とはセットになっているということが医療の現場においてはいえます。

では肥満についての具体的な治療方法としてはどのようなものがあるかというと、食事療法や運動療法などの方法が代表的な治療方法としては知られています。
まず食事療法については高カロリーの食べ物を控えて低カロリーに抑えた量の食事を摂っていくことで体重を治していきます。
これと併用して行うのが運動療法であり、適度な運動と適度で低カロリーの食事を併用することで健康づくりの土台をつくり筋肉をつくると同時に体重を落としていきます。

食事、運動に関しての具体的な指導を行うと同時に体重増加につながりやすい行動を制限する治療は行動療法と呼ばれる治療方法です。
間食やお酒、タバコなどの禁止指示や規則正しい睡眠を取るなどの指導がこれに該当します。
もう一つ、補助的に薬物を使用するなどを行い肥満治療をすることもあります。

それでも効果がないという場合においては手術で胃の穴を小さくするなどをすることもありますが、患者の負担を与える可能性があるためどうしても必要な場合以外はあまり行われていません。
ただしあまりに体重が多い人の場合には多量の腹部などにたまった脂肪を手術で取り除くということはあります。

肥満治療の注意点としては、いきなり過激な食事制限や運動などを行うとリバウンドなどをして体重が元に戻ったり足やひざなどの怪我の要因にもなってしまうことがあります。
ですので、無理をしない範囲で少しずつ肥満を解消して長期的に取り組んでいくことが基本となります。

それでは肥満治療の際の費用についてですが、まず肥満解消プログラムを受けるという場合についてはこれは肥満の状態により異なるという面が存在します。
ですので病院によって価格に差が出ることを留意します。
医療保険は適用される場合はあり、その時の負担は軽いです。
次に、薬物治療を行う場合については保健の適用内です。
治療費は1万円前後の負担が相場となっています。
肥満治療の場合は、ゼニカルという薬が処方されることが多いでしょう。
ゼニカルの飲み方をまとめたサイトもあるため、服用の際には一度参照してみることをおすすめします。